腸閉塞はとても恐ろしい病|日頃から予防しておこう

男性医師

特徴と保存療法

聴診器

腸閉塞にはおなかが張って痛みを感じたり吐き気がする症状があります。種類によって原因が異なり一概には言えません。その治療法もまた種類に応じたものがありますが、保存療法を行うことが多いです。1週間程度行うことが一般的です。

詳細を読む

腸が塞がれる病気

医療

症状と治療

腸閉塞とは、腸が塞がれた状態になり、便が通れない状態になってしまうことです。こうなると腸の中にどんどん便が溜まってしまい、激しい腹痛が起こるようになります。この腹痛で腸閉塞と診断される人も多く、この場合は入院が必要になり、絶飲絶食で様子を見ていくことになります。腸閉塞はこういった形が治療の基本となるので、しばらくすると症状も落ち着いてくるようになります。腸閉塞の原因は腸がねじれたり、腫瘍ができるなどして塞がれることや、開腹手術によって癒着を起こしてしまうこともあります。この場合は大腸がんで起こることも多く、開腹手術をしたことのある人も発症の確率が高くなります。排便が毎日出ないことに気付いたら、早めに対処していかなければいけません。

毎日の予防法

腸閉塞にならないためには、日頃からしっかり予防を心がけていくことです。この予防で一番大事なことが、毎日の排便です。排便があったとしても、それが毎日ではないという人は非常に多いです。高齢の人は仕方のないことかもしれませんが、若い人でも特に女性に多く見られます。便秘の状態は腸閉塞を引き起こす可能性が高いので、できれば毎日排便の習慣を身に付けていくのが一番です。この規則正しい排便のためには、乳酸菌を積極的に取り、食生活を見直して定期的に運動をしていくことが役立ちます。便が毎日腸を通ることで腸の働きも活性化させるので、腸閉塞にも大きな効果があります。便秘気味の人は、毎日排便ができるように習慣にしていくようにしましょう。この予防法は腸閉塞だけでなく、大腸がんの予防にもなるので、健康への効果が期待できます。

種類と治療方法

PC

腸閉塞には種類があり、機械的腸閉塞と機能的腸閉塞の2つです。種類に応じて発症原因が異なりますので、治療方法も異なります。ただし、一般的には保存療法が行われることが多いです。絶食することで腸の回復を待つのです。

詳細を読む

腸の病気と治療

ナース

腸閉塞は腸内に内容物や水分がつまることで起こります。治療には保存療法か手術がありますが、手術は腸の癒着が起こりやすいというリスクがあります。規則正しい排便の習慣をつけたり、腸の動きを活発にする食材を積極的に摂ることが予防につながります。

詳細を読む