腸閉塞はとても恐ろしい病|日頃から予防しておこう

女医

種類と治療方法

PC

腸閉塞はおなかが痛くなったり、吐き気を感じたりする病気のことです。この腸閉塞には種類があります。その1つである機械的腸閉塞というのは、腸がねじれたり腸の中に腫瘍が生じることで生じるものです。なぜこうしたねじれ現象が起こるかというと、たいていの場合は手術後に腸同士もしくは腸と他の部位がくっつくことでねじれたり折れたりします。治療法としては手術が一般的です。また、機能的腸閉塞という種類もあります。これは腸の蠕動運動がなくなってしまって腸の内容物が留まるようになる状態を指します。神経麻痺によって起こることもありますし、ヒステリーや虫垂炎などによって腸の一部が痙攣することで生じる場合もあります。このように2種類あります。

腸閉塞の治療方法には種類に応じてありますが、一般的には保存療法が行われることが多いです。保存療法とは腸の中に内容物を入れないようにするために絶食して腸の回復を待つという治療法を意味します。この治療期間中は点滴で栄養補給します。それでも何ら効果が見られない場合は外科手術を受けることもあります。絞扼性の場合は保存療法ではなく外科手術を行います。腸閉塞は突然腹痛を感じます。これをセンツウと言います。さらに、嘔吐が起こります。腸閉塞の種類によっては発熱や脱水症状が起きることもあります。そのため、早急な治療が求められます。このような症状が起きればすぐに医療機関に行って診断を受けましょう。